ゼロからスタート!ホームページ作成の基礎基本

ホームページを企画し設計していく


ホームページを作るためには、まずどんなホームページを作りたいのか目的を明確にする必要があります。ブログを中心にした個人サイトなのか、認知度を向上させるための自社サイトなのか、サービスを提供するためのサイトなのかなどです。作りたいホームページが決まれば、次は実際に必要なページや機能を洗い出します。ブログサイトであればコメント機能、集客サイトならお問い合わせフォームなどが必要になるかもしれません。必要なページや機能が分かれば、つづいてはサイトの構造を考える作業です。トップページを中心にしてどのような階層構造にするのかや、一つひとつのページの大まかなレイアウトを考えます。そして大まかなレイアウトを基にしてホームページの配色やフォントなどを決めて、また、必要な素材を集めて実際に画像を配置しホームページのデザインを完成させます。

実際にホームページを形にしていく


ホームページのデザインが完成すれば、次はそれを基に実際にホームページを作り上げていく作業です。そのためには、HTMLとCSSという言語を使います。HTMLは構造を定義するための言語で、見出しや段落といった細かい部分から、サイドバーやメインコンテンツなどの大きな部分までを定義していきます。CSSは見た目を定義するための言語で、文字の色や大きさ、各コンテンツの幅や高さなど色々なものを定義することが可能です。また、ブログ中心のホームページや更新を頻繁にするホームページの場合にはCMSを使う方法が便利です。CMSではあらかじめブログ機能が搭載されていたり、ホームページの更新が容易に行えたりします。それぞれのホームページの目的に応じて選択するといいでしょう。

どの都市でも、初心者向けや上級者ホームページ作成講座はたくさんあります。色々なサイトを見ると自分に合ったものが見つかります。